初心者バトル参入の手引き⑥特性編

著者:ちくわ

初心者バトル参入の手引き⑥特性編

ウルトラサンムーンでの教え技情報があまりないことに不安を覚えています。

ちくわんです!

今回はポケモンごとに備わっている特性について説明したいと思います!

 

 

 

 

 

①特性って?

特性とは、ポケモンごとに備わった独自の能力のことです。

大半の特性がバトルにて効果を発揮します。

メリットだけでなくデメリットの効果となる特性もあるので、注意して確認しましょう。

特性の一覧は、ポケモン徹底攻略様のページで確認できます。

②メリットとなる特性ってどんなの?

メリットとなる特性は大まかに以下の分類に分けられます。

(1)ピンチで技威力上昇

最初にもらえるポケモン(御三家)が必ず所有している特性です。

猛火(HP3分の1未満のとき、炎技の威力1.5倍)、新緑(HP3分の1未満のとき、草技の威力1.5倍)、激流(HP3分の1未満のとき、水技の威力1.5倍)があります。

(2)能力値、技威力上昇

単純に条件なしで能力値または技威力を上昇する特性です。

力持ち・ヨガパワー(自分の技威力2倍)、もふもふ(接触技への防御2倍だが、炎技威力2倍)等があります。

(3)ある天候、フィールド時に能力、技威力上昇

ある天候、フィールドになっていることを条件に能力または技の威力を上昇する特性です。

すいすい(雨時に素早さ2倍)、葉緑素(晴れ時に素早さ2倍)、すなかき(砂嵐時に素早さ2倍)、ゆきかき(あられ時に素早さ2倍)、サーフテール(エレキフィールド時に素早さ2倍)、砂の力(砂嵐時に岩、地面、鋼タイプの技1.3倍)などがあります。

(4)状態異常を防ぐ

特定の状態異常にならないようになる特性です。

不眠・やる気(眠り状態にならない)、柔軟(麻痺状態にならない)、水のベール(やけど状態にならない)、免疫(毒状態にならない)、鈍感(挑発、メロメロ状態にならない)、クリアボディ・白い煙(相手によって能力を下げられない)などがあります。

(5)天候、状態異常、特性等によるダメージを防ぐ

天候(砂嵐、あられ)、状態異常(毒、やけど)、特性などによるダメージを防ぐ特性です。

マジックガード(天候、状態異常、特性、アイテムによるダメージ無効)、防塵(天候ダメージ無効、粉技無効)などがあります。

(6)特定のタイプ無効

特定のタイプを無効にします。そのうえ、能力上昇、体力回復などを行います。

貯水(水タイプ無効、体力回復)、蓄電(電気タイプ無効、体力回復)、貰い火(炎タイプ無効、炎技の威力1.5倍)、草食(草タイプ無効、攻撃一段階上昇)、呼び水(水タイプ無効、特攻一段階上昇)、避雷針(電気タイプ無効、特攻一段階上昇)、電気エンジン(電気タイプ無効、素早さ一段階上昇)などがあります。

(7)場に出したときに発動

ポケモンを場に出したときに発動されます。

威嚇(相手ポケモンの攻撃を一段階下げる)などがあります。

(8)ある条件下で能力、威力上昇

バトル中にある条件を満たすと能力、技の威力を上昇させます。

加速(1ターン経過後に素早さ1段階上昇)、自信過剰(相手のポケモンを倒すと攻撃一段階上昇)、力づく(追加効果のある技を選択時、追加効果を無効にして、威力1.3倍)、負けん気(能力下降時、攻撃二段階上昇)、勝気(能力下降時、特攻二段階上昇)などがあります。

大まかに分けるとこのような感じです。まだ違う分類があると思いますが、その都度確認をお願いします。

③デメリットとなる特性ってどんなの?

特性として持っているだけでデメリットしかない特性もあります。

以下のように大まかに分類できます。

(1)行動不能

1ターンごとに行動不能となるなまけという特性があります。

(2)能力半減

最初の5ターンに攻撃、素早さが半減するスロースタートと、HPが半分以下になると攻撃、特攻が半減する弱気があります。

(3)戦闘中意味なし

デメリットとはなりませんが、戦闘中に効果がない特性です。

みつあつめ(戦闘後、あまいミツを拾うことがある)、発光(野生のポケモンと遭遇しやすくなる)などがあります。

以上です!

特性の理解もバトルに勝つうえで重要です!

著者について

ちくわ administrator

コメントを残す